ハイヤーの特徴

行きたい所まで運んでくれる乗り物と言えば、電車やバス、タクシーなどがありますが、最近ではハイヤーもさまざまなシーンで活用されるようになってきました。移動するだけならタクシーやその他の乗り物でも十分かもしれませんが、ハイヤーには他の交通機関にはない特徴があります。それは単に移動するだけが目的ではなく、ニーズに応じてよりきめ細やかなサービスを提供するというものです。そのため、利用料金がやや高めに設定されています。

一般的にタクシーが病院やスーパー、駅など、日常生活の中での移動手段という目的で利用されているのに対して、ハイヤーは例えば企業の役員などの送迎や大切なお客様の接待、あるいは冠婚葬祭など、細やかな配慮が必要とされる場面で利用されることが少なくありません。他の交通機関とは利用用途が異なるため、料金体系も違うのは当然のことと言えるでしょう。タクシーの場合、最初に初乗り料金が設定されており、一定の距離あるいは時間を超える事に料金が加算されるシステムになっています。その一方でハイヤーは、利用するためにはあらかじめ予約しなくてはならず、時間とサービズ内容によって料金が決められる仕組みです。そのため、時間内であればいくら多くの距離を走ったとしても、料金が加算されることはありません。

ハイヤーはただ単に走行するだけではなく、移動時間も含めて利用してくれる顧客が快適に過ごせるようなサービスが求められます。想定外の事態が起こっても適切な対応をしてもらえるという安心感も特徴の一つです。例えば取引先まで送迎する際、目的の会社に必要な駐車スペースがない場合は、近くにあるコインパーキングなどに駐車する方法もありますが、ドライバーは事前に訪問する取引先をヒアリングし、十分な駐車スペースがあるか、ない場合はどうするのかをリサーチして、対応を決めてから臨むので、慌てずに対応できます。そして、担当者が出てくるタイミングに合わせて会社の前に車をつけるように配慮するなど、最良のサービスを提供してくれます。車内の快適さはもちろんですが、それだけでなく、丁重な接客で顧客の満足度を高めています。

そのようにしっかりリサーチして計画することで無駄を無くし、よりきめ細かなサポートが可能になってくるのです。利用してくれる顧客を最大限のサポートで満足させることがドライバーに求められています。定額料金には、そういった多くのサービス面も反映されているのが特徴です。